市場の流れ 初めての買いの方に

  • 買い方 競りの方法とは 競りは 価格の高い人が落札できるシステムです 人が多ければ多いほど買う  事は 難しくなります また 価格も上がります 「 普通に考えれば 理解できますよね 」      私共の市場は まだ 空席があり 安く買えるかもしれませんね 
  •  
  • 例えば 下の財布が 定価65000円で Aランクオークションで 平均価格 3.5万円から4万円だ としたら 2.5万円からスタートしたとします そしたら 買いたい価格を 言います  29000円 と言ったら 誰も上に出なければ 落札です  人気の商品 品薄使用品 などは 高くなる時がある
  • ① 買いたい人が多数の場合 価格は 上がりますし なかなか 買えないかもしれませんね
  • ② 参加者は 適正人数があり 適正を超えると 自然と高くなります 1日に 50万 100万買う方   は 当然 買い方の少ない市場を狙って 買いに来ているようです
  • ③ ブランドリサイクル国内では 現在 買い方が有利となっているようです
  • 初めての 売りの方 損はなしで

  • 例えば ブルガリの時計を 7万円で買い取りしました。家賃も経費も宣伝費もかかっていますから 最低 でも 7.5万円から8万円で売りたい場合 最低価格の設定ができます ですから 損はしないように  最低価格の設定ができます ただし 買取額が失敗の場合は 売れない場合もあります ですから 毎回参 加して いくらで売買されているか 相場価格も必要ですね 最近の話ですが シャネル エルメスが価格 が 下がっています 在庫の処分や 現金確保を考え 相場が下がったら 売り事も必要です
  •  

市場の基本は物々交換

  • 市場の 基本精神は 物々交換から始まった 今では 買い取り専門店などが 売りだけで 市場に放 出していますが 以前は 参加する店のほとんどが 販売 買取をしていました そして 少し安く買 取してしまったり 常連のお客様の買取品は 中々 店頭に出せないなど 理由はたくさんありました 長期の在庫も 目新しい商品に変えないと いつまでも 同じ商品では お客様が 飽きてしまう理由 もあります